ジュネーヴ・インターナショナル・スクール

世界初のインターナショナル・スクールとして、スイスのジュネーヴ州にあるジュネーヴ・インターナショナル・スクールがあります。ここは、1924年に国際連盟の幹部等によって創立されました。

ジュネーヴ州とその近郊に3つのキャンパスをかまえています。いずれも幼稚園から高校生までが学んでいます。全てのキャンパスで国際バカロレア資格のプログラムを採用しています。また、母国語を英語としない生徒のために、英語フォロークラスを設けており、英語力が不十分と認定された生徒は3年間受講することになります。

 

このスクールでは英語に加えフランス語も教育しています。英語クラス、フランス語クラスのどちらかを履修することができます。

 

3つのキャンパスのうち、最も歴史があり、規模も大きいのが、ジュネーヴ市中心のグランド・ボアスィエール(LGB)です。幼児部(650人)、小学部(450人)、中学部(650人)で構成されている。

2つ目のキャンパスはヴォー州にある、シャテーニュレーです。レマン湖沿いのキャンパスに1420人が在籍しています。略して呼ばれることが多く、「ラ・シャット」と呼ばれています。

最後のキャンパスは、国連キャンパスです。2005年位開校しました。国際連合欧州本部のすぐ近くにあります。その理由で、各国の国連代表部職員や国際公務員、欧州原子核研究機構の研究者の子弟らが沢山在籍しています。在籍している人の国籍の数は87か国、また、母国語の数は105種類にも及びます。