インターナショナルスクールと国際バカロレア

インターナショナルスクールは国際バカロレア資格を持つ国際的な教育を行っている学校を指します。その国際バカロレア資格となんなのか。

 

国際バカロレアは、1968年に創立された、スイスに本部を持つ財団法人のことです。

その財団法人が提供する、プログラム、修了証明書のことも指すようになってきました。

もとは、国際バカロレア機構という名称でした。2007年、組織の再編に伴い、現在の名称になりました。

国際バカロレアの2011年の営業利益は、アメリカドルで1億3420万ドルとなっています。

 

1808年にナポレオンが作ったフランスのバカロレアなど主にフランス語圏内で採用されているバカロレアとは一切関係はありません。また、国際バカロレアの修了証明書はバカロレアのような国家資格や国家試験ではありません。

 

国際バカロレアの教育課程は、初等、中等、高等の教育課程があり、それぞれに一定の履修基準があります。英語、フランス語、スペイン語を公式言語として設けています。それだけではなく、生徒の母国語も必修として履修をしなければいけません。例えば、アメリカン・スクールでは日本語は第一言語を日本語にしている生徒は必修科目ではありません。ですが、他にも母国語に相当する言語がない場合、原則として必修科目になります。成績は1~7で計算され、7が最高点となります。

 

国際バカロレアの問題として、豊富な科目がある反面、難易度の差が出てしまうといった問題があります。